重要なのは自分に合うものを探すこと

エクセルのテンプレートにも大きく分けてシンプルなもの、多機能なものと多くの種類があります。自分はどちらのタイプが必要なのか、よく考えて選ぶようにしましょう。

1.家計簿エクセル

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/stylecatalog/excel/excel02.aspx 
Microsoftが提供するテンプレート。シンプルかつ成果レポートなどの機能性が売り。初心者でも使いやすい完成度の高いテンプレートと言えるでしょう。

2.無料エクセル家計簿

http://yu-kikaikei.com/other/kakeibo.html
税理士が作ったテンプレートとして人気。非常にシンプルな作りになっており、エクセル経験者はカスタマイズしてより利便性の向上などが図れます。シンプルなのが良い、という人にはオススメのテンプレートです。

3.ママさんFPのラクラク家計簿

http://yurimotofp.com/contents/kakeibo.html
「相談するならこれ一枚でOK」というFPが作ったテンプレート。今までの顧客の声や、相談する上で必要な情報を元に項目が設定されている。「月1入力」というコンセプトも人気の理由で、レシートをしっかりと保存しておけば月一で対応可能。毎日の入力が手間という方はオススメ。

4.カンタン家計簿

http://zexy.net/newlife/manual/money_simulation/top.html
ゼクシィが提供しているテンプレート。基本的な収支の入力がメインですが、ライフプラン表や貯蓄ノートといった「何歳でいくら貯めたいのか?」を明確にしてくれるのが本テンプレートの魅力。細目の情報も入力可能で、細かく情報管理がしたい方にはオススメです。

5.エクセル複式簿記家計簿「運命」

http://unmei.in/excel-kakeibo#tcont35
複式簿記(+とーを対にして記帳していく方式)で、資産管理などただの家計簿の範囲に留まらない機能性を備えています。資産管理や費目の細かい設定ができるなど、厳密に情報を残したい方にはオススメ。

テンプレートの中にも様々なものがあります。自分に合うものを選んでいきましょう。